<- プロジェクト

Concepts et images de référence

ろ過

句読法 /空間的密度のグラデーション
禁煙/喫煙の関係は二空間内を前提に扱われる。二空間内の動線 は、煙をとどめる役割を果たすと共に、付着した臭いを抑制する ろ過作用を意味する。結果的に段階空間は、機能の混交を可能にす る

 

分極

方向 /要素の溶媒と流束
タバコの煙と喫煙者とにより空間的気泡の連節/修正を創造し、積 極的原因を消極的極へ広げるベクトルを作り出す。霧(ミスト)は、 発信するおしべが受信のめしべへ層のように広がる。

 

標識

カード /混交と一致
社会の繋がりは、互いの姿勢と感謝のみだけではない成り立たず、 共有という新規則を与える必要がある。この状況は軸の動きによっ て霧の流れに立体感をだし、またそれぞれが交流の中で位置付けさ れる。